ヒビヨキヒビ

日々のこと いろいろ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

11月10日前半~お茶教室~

今日は喜喜茶さんの中国茶教室の日。
今回は「紅茶」。
馴染みのある西洋のお茶とは違い、中国の紅茶。
お茶の作りや出来た由来、お水の話など
いろいろ教えていただく。

「正山小種」(別名ラプサン・スーチョン)というお茶。
松の木で燻した香りが特徴のお茶。
いわゆる紅茶とはまた違い、渋みが少なくすっきりしておいしい。

IMG_4211.jpg

「シ眞紅特級(てんこう)」
雲南省のお茶。
これも渋みが少なくほのかな甘みがあって香りが高い。

IMG_4212.jpg

マーラーカオと一緒にいただきました。
すごくおいしかったです。お茶に合います。

IMG_4218.jpg

最後にはスモーキーな「正山小種」も。

IMG_4224.jpg


家ではなかなかゆっくりとお茶を楽しむ時間を作れませんが、
お勉強をしながらこうしてお茶を楽しめるのが
とても貴重な時間です。
また次回も楽しみだなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/10(火) 15:56:23|
  2. お茶
  3. | コメント:0

喜喜茶・中国茶教室

喜喜茶(きちゃ)さんの中国茶教室・初級クラスに行くことになりました。
今日は6回コースの1回目。
どんなんだろう、とnekonyanとふたりどきどき。
インテリなお宅にどっきどき。

シュンシュンとやかんにお湯が沸く。
心が落ち着くなぁ。

IMG_9136.jpg

今回は緑茶。
明前梅家烏龍井という緑茶。
緑茶、というと日本の煎茶を思い浮かびますが、
お茶の葉は同じでも製法が違うんですって。
今が一番緑茶の美味しい時期。

IMG_9142.jpg

先生が丁寧に淹れてくださいます。

IMG_9148.jpg

なかなか手に入らないとっても高価なお茶なんだそうです。
とっても爽やかで美味しかった。
ほんのり大豆の香り。
青大豆の炒ったものと一緒に。

IMG_9156.jpg

次はてん緑という緑茶。
ひとりひとりカップに淹れていきます。
まずはお手本の先生。

IMG_9186.jpg

順番に淹れていきます。
nekonyan撮影の私。脇があまい!(笑)

IMG_9195.jpg

お茶と一緒に点心もいただきました。
これがまたおいしいのなんの。
春野菜と鶏肉の春餅まきとデザートの奈良まんじゅう。
はぁ、至福の時。

IMG_9223.jpg

喜喜茶先生、とても素敵で好きなんです。
頭の先から足の先まで綺麗。
そうなりたいなぁ。

一緒に行くことになった友人は写真仲間。
偶然にも写真を撮られる方と同じクラスになり、
(初対面ではなかったからびっくり)
面白いなぁと。
偶然って必然?って思ったのでした。


話は飛びますが・・・
次の日曜日、4月26日は「世界ピンホールデー」です!
この日ピンホールカメラで撮った写真を投稿して、
世界中の仲間と見合いっこしましょ、という企画。
締め切りは5月31日です。
去年、友人から教えてもらって、来年は参加しようと思っていました。
1年たつの早い!
私は唯一の針穴・くま35で撮るつもりです。
針穴カメラをお持ちのアナタ。ぜひぜひ。


  1. 2009/04/22(水) 21:34:26|
  2. お茶
  3. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。